FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼ちゃん大好き!

悪人A「ここなら誰も来ねぇな」

みくる「ぐす・・・・・・ひっく・・・・・・」

悪人B「へっへっへ、それじゃあゆっくり楽しませてもらうぜ」ヌキヌギ

みくる「ふぇ~・・・・・・(イケメンさん・・・・・・早く助けに来て)」


悪人A「あいつは死んだよ。無職のあいつを一流企業の立食パーティーに無理矢理連れて行ったんだ。
  今頃は会場のトイレで便器に顔を突っ込んで御陀仏だろうさ」

みくる「そんな・・・なんて酷いことを・・・・・・」

悪人A「それではそろそろ・・・・・・」





ドカァァァァァァァン






みくる「キャッ!」

悪人A「な、なんだ!?」





Ω スッ


悪人B「Shit、何だあの化け物は・・・・・・!?」





イケ郎「おまえら許サンダー」ピシャーン(雷の音)


  (BGM)カミナリさ~~~ま♪


みくる「イケメン太郎さん!」

悪人A「おまえ、立食パーティーで死んだんじゃなかったのかよ!」

イケ郎「死んださ。だが、掃除のおばちゃんの愛の人工呼吸で蘇生した」

悪人B「しかし、このアジトへ来る気力を完璧に奪ったはず・・・・・・」

イケ郎「無職にも騎士道はある。"愛する女性を守る"という騎士道・・・がな」


悪人A「はっ、丸腰で何ができるよ」カチャ

悪人B「これでジ・エンドだ」カチャ







イケ郎「揚げ豆ボンバー!!」ズドドドドドドド

悪人A、B「ギャアアアアアアアアアアアアアアア」ドサッグチャア


イケ郎「"ゴミは外、みくるは内"ってな」キリッ

みくる「イケメン太郎さん、ありがとう・・・・・・」

イケ郎「無事で良かった。さあ、帰って恵方巻きでも食べようか。
  僕は方角ではなく君を見つめながら食べたいな」


みくる「その前にイケメン太郎さんと・・・その・・・帰る前に・・・・・・」


イケ郎「なん(ry」

チュッ





イケ郎「・・・・・・ッ!?」

みくる「・・・・・・」

イケ郎「・・・・・・」ギュッ      ボッキーン


みくる「・・・・・・驚かせてごめんなさい」ポッ

イケ郎「節分に接吻か・・・・・・ふふ、悪くないな」

END

.
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

これが・・・・・・"愛の力"だ

俺は男だイケメン太郎
 最終話 『さらばイケメン太郎』


叉〈む、無茶だ!
  そんなことをしたら簿記2級の元にたどり着く前に死んでしまうよ!」

イケメン太郎
 「だがヤツを倒すにはこの方法しかない・・・・・・! 行くぞ!」


┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"┣"


簿記2級
 「ローションで床の滑りを良くして、一気に私のもとへ辿り着く着くつもりか!?
 ふふふ・・・・・・だが現実は甘くはなかったようだな」

ツルンッ

イケメン太郎
 「な、何ぃーッ!?」

叉〈そ、そんな! ローションの量が多すぎたのか!

簿記2級
 「ふははははははは! 私の勝ちだァーーッ!!
  おまえはそのまま不合格の谷底へと落ちて行け!!」

イケメン太郎
 「うおおおおおおおおおおおおおお・・・・・・」

ヒュウウウウゥゥゥ


簿記2級
 「文字通り合格の崖から"滑り落ちた"な。
  無職で童貞の男には相応しい死に方だ。
  どぉれ・・・落ちてグチャグチャになったヤツの顔でも拝ませてもらうとするか」

叉〈(くっ・・・・・・神様はいないのか!!)




簿記2級
 「な・・・・・・ヤツの死体がない・・・・・・だと!?」


叉〈やった! 運命の女神は彼に微笑んだ!

簿記2級
 「ま、まさか!?」



一同
 「イケメン太郎!!

イケ太郎さん♪ イケ太郎さん♪
お股につけた吉備団子♪
2つ私にくださいな♪


イケメン太郎
 「ふぅ・・・・・・ヘビーだったぜ(危なかったぜ)」

簿記2級
 「あ、ありえん・・・・・・。  おまえはまっ逆さまに不合格の谷底に落ちて行ったはずだ!」

イケメン太郎
 「これでみくるに救われたのは二度だな・・・・・・」キラッ

簿記2級
 「それは・・・・・・」

イケメン太郎
 「みくるに貰ったネックレスさ
  これが偶然岩壁に引っ掛かって俺は奇跡的に助かったんだ」

簿記2級
 「(ありえん! 絶対にありえん!)」

イケメン太郎
 「さぁ覚悟はいいでしゅか~?」

簿記2級
 「(俺はこいつの死体を見ているはずなんだ!
  グチャグチャになったこいつの死体を見ているはずなんだ!)」

イケメン太郎
 「ふぇ~・・・現実逃避でしゅかぁ?
  怖いでしゅねぇ~」

簿記2級
 「く、来るなーッ!! 俺の側に近寄るなーッ!!」


叉〈現実はノンシュガーなのさ

イケメン太郎
 「Exactly!(その通りでございます)
  おまえの生命にスレストじゃああああああ!!
  死ね! 氏ねじゃなくて死ね!」カッ

簿記2級
 「あびゃっばああああああああああああああ」グシャア



イケメン太郎
 「終わった・・・・・・何もかも・・・・・・」

叉〈さぁ! みくるさんを助けに行こう!

イケメン太郎
 「ああ・・・・・・帰ったらたこ焼きパーティーだな」

簿記2級
 「くっくっく・・・・・・マヌケがぁ・・・・・・朝比奈みくるはここにはいないぜ・・・・・・」

イケメン太郎
 「な、何!?」

簿記2級
 「あの女は"ハローワーク様"に献上した」

イケメン太郎
 「は、ハローワーク・・・・・・だと・・・・・・!?」

叉〈ハローワーク・・・何人の無職がヤツに殺されたことか・・・・・・

簿記2級
 「せいぜいハローワーク様に可愛がってもらいなよ・・・・・・ぐふっ」ガクッ



叉〈今回ばかりは勝てないかもね・・・・・・

イケメン太郎
 「大丈夫さ。俺にはこのブログを見てくれているfamily達がついてるからな」(カメラ目線)

叉〈・・・・・・! そうだね!

イケメン太郎
 「待ってろよ、みくる!  必ず助け出してやるからな!」


長い間のご声援ありがとうございました
イケメン太郎先生の次回作にご期待ください!








PS:
前置きが長くなったが無事に簿記検定2級に合格することができました

やっぱり俺1人じゃ合格することなんて到底できなかったと思うし、
おまえらの応援や祈りがあってこそだと思う
本当にありがとうな


さぁ! これから職探しで忙しくなるぞ!


最後に、おまえらにこの言葉を送りたい・・・・・・
今までありがとよ・・・・・・じ ゃ あ な















なんちゃってwwwwww
嘘ぴょーんwwwwww
・・・・・・って何回このノリやったんだろうなww


とりあえず今日はめでたい日だ
恒例のアレやっちゃう? やっちゃう?



野郎共ーッ! 宴だーッ!!

〈ドンチャン ドンチャン

カンパーイwwwwww
母ちゃん! 祝い事だから缶ビール5本貰うよぉ!

そぉれ♪ 飲~め飲め飲め♪ 飲~め飲め飲め♪







おえっぷ! ゲロウマwwwwww

.

イケメン桃太郎 ラスト

―翌日、隣町にて―

はなぢ
 「おいおい、もう終わりかよ? オラァッ!」ドォン


デラベッピン
 「がはっ!!」ドサッ

ラッキーセブン
 「何だ!? デラベッピンが、何もされていないのにブッ飛んだぞ!?」

モヒカン
 「このクソヤロウ共がァァァァァァッ!!」

ソフィー
 「そぉいッ!!」バキッ

モヒカン
 「がはっ!!」ドサッ

傘職人
 「くっ・・・・・・ここまでか・・・・・・」

―歌舞伎町―

イケメン桃太郎
 「あ~、チロルチョコに焼酎もなかなか・・・・・・」




イケメン桃太郎
 「・・・・・・糞がッ! 1人で飲む酒なんて美味くねぇよ・・・・・・糞が・・・・・・」

日本鬼子
 「よう、ホームレス。昼間から酒か?」

イケメン桃太郎
 「に、日本鬼子!? 帰れよ! 俺のことなんか放っておいてくれよォォ」

日本鬼子
 「・・・・・・何で、俺達がメールを送らなかったか、わかるか?」

イケメン桃太郎
 「そりゃあ、おめぇ。俺のことが嫌いで・・・・・・」

日本鬼子
 「俺達が別れてから1年後――鬼ヶ島の残党が暴れ出した。
  2年間、俺達は鬼ヶ島で戦い続けていたんだ」

イケメン桃太郎
 「・・・・・・ッ!? 何で俺に話さなかったんだよ!」

日本鬼子
 「おまえだけニートだから、みんな気を遣っていたんだ。
  3年前の鬼退治の時におまえに迷惑をかけっぱなしだったしな。
  それでだ」

イケメン桃太郎
 「そんな・・・・・・」

日本鬼子
 「おまえが鳥貴族で働いてると聞いて、みんなが喜んだ。
  確かに悪態をついて、おまえを傷つけてしまったのかもしれん」

イケメン桃太郎
 「・・・・・・」

日本鬼子
 「だが、おまえが職(アルバイト)につけたことを、みんなが祝福してくれていた
  ――それだけはわかってくれ」

イケメン桃太郎
 「ううっ・・・・・・」





イケメン桃太郎
 「鬼達は今どこにいるんだッ!」

日本鬼子
 「○○町だ」

イケメン桃太郎
 「よし! きんとう~~~~~~~んッ!!」ピュイー

ギューーーーーン

イケメン桃太郎
 「ありがとよ、行ってくるぜッ! とぉう!!」シュバッ

日本鬼子
 「ちょ、おま! 心清らかじゃねぇだろ!!
  しかも、ここはビルの屋上(ry」


スカッ



イケメン桃太郎
 「ぐああああああああああああああああッ!!」ベキベキボキッ

日本鬼子
 「い、イケメーーーンッ!!」






―隣町―
ソフィー
 「さあ、おまえで最後だな」ゲシッ

tanasinn
 「ぐぅ・・・・・・うぅ」ゴロゴロ

ソフィー
 「トドメだッ!!」


 『 そ う は い か ん ざ き 』


はなぢ
 「だ、誰だッ!? 出て来い!」

デラベッピン
 「鳥か!?」

モヒカン
 「飛行機か!?」

ラッキーセブン
 「いや、違う・・・・・・あれは・・・・・・」






一同
 「 イ ケ メ ン 桃 太 郎 だ !! 」


        ____
       ,,;f::::::::ヽ
       i:/' ̄ ̄ ̄ヾil
       |:|     ||
       |r-(◎) (◎)|  久しぶりにキレちまったよ・・・・・・
       (   (__)  } 
 ,____/ヽ  ∈∋  /
r'"ヽ   t、  ヽ___/   屋上へ行こうぜ
/ 、、i    ヽ__,,/    
ヽノ  j ,   j |ヽ







イケメン桃太郎
 「さあ、やろうか・・・・・・・」

はなぢ
 「うッ!? (な、何て覇気だ)
  こ、このクソヤロウがーーッ!!」シュバッ

イケメン桃太郎
 「"ザ・ワールド"!」

 ――――――――――――――――――
 ――――――――――――――――――

イケメン桃太郎
 「おいおい。戦うのに、後ろに下がってどうするんだよ」

はなぢ
 「なっ! 前に足を出したはずなのに、いつの間にか後退している!?」

イケメン桃太郎
 「へっへっへ」

はなぢ
 「く、糞がーーッ!! 連続気孔弾!! オラオラオラァ」チュドーン

イケメン桃太郎
 「"ザ・ワールド"!」





 ―――――――――――――――――
 ―――――――――――――――――

tanasinn
 「い、イケメン!!」

はなぢ
 「や、やったか!?」

イケメン桃太郎
 「おいおい、仲間に攻撃してどうするんだ?」

ソフィー
 「・・・・・・」

はなぢ
 「な、何ィ!? 貴様、何をした!」


モヒカン
 「み、見えたか?」

デラベッピン
 「全然わからなかった・・・・・・」

草食メンマ
 「あの野郎、最高に輝いてるぜ」


イケメン桃太郎
 「何をしたかって? ふふふ、教えてやろう・・・・・・」






         ____
        ,,;f::::::::ヽ 俺のスタンド"なるほどザ・ワールド"で
   ____i:/ ̄ ̄ ̄l
  /     |:| /  \||
 │(○)(○)|r (◎) (◎)|    時  を  止  め  た
 ││(_) │(   (__)  }
 │,_O__/ヽ   ∈∋ /
 r'"ヽ   t、  ヽ___/
 / 、、i    ヽ__,,/
 ヽノ  j ,   j |ヽ

【スタンド】
 なるほどtheワールド

【能力】
 数分間時を止められる
 これであんなことやこんなことも・・・・・・フヒヒ


一同
 「な、ナンダッテーッ!!」





はなぢ
 「そんなわけあるかーッ!! オラオラオラァ」チュドーン

イケメン桃太郎
 「ふふふ、無駄無駄・・・・・・
  "ザ・ワールド"!」

 ―――――――――――――――――
 ―――――――――――――――――

イケメン桃太郎
 「どこに撃っている? 無駄なんだ・・・・・・無駄、無駄、んっ?」

日本鬼子
 「・・・・・・」シュウウウウウ

イケメン桃太郎
 「に、日本鬼子ッ!! 貴様・・・・・・よくも、やってくれたなッ!!」

はなぢ
 「えッ!? 俺、何もやってn・・・・・・」

イケメン桃太郎
 「死ねぇぇぇ!」

はなぢ
 「ぬわーーーーーーーーッ!!」


こうして世界は救われたメーン



―数日後―
日本鬼子
 「遅いな・・・・・・アイツ」

モヒカン
 「飾り付けはこれでいいか?」

ラッキーセブン
 「ああ、バッチリだ」
無駄
 「もう食べていい?」

デラベッピン
 「ダメッ!」

tanasinn
 「今日はイケメン太郎の誕生日か」

傘職人
 「イケメンのやつ、喜ぶだろうな。おっと、イケメンからメールだ!」

―――――――――――――――

from:イケメン太郎
sub:無題


ごめん、今日エロゲーの発売日だから無理だわ

―――――――――――――――

END










最後まで読んでくれて・・・・・・あ り が と う

いやぁ、何だかチンチンうpした時よりも恥ずかしいな
よくVIPに堂々と載せられたわwwwww昔の俺wwwwwww

んもぅwwwwww俺のバカwwwwwwバカwwwwww



これ、つまらないものだけどポスターだ
受け取ってくれ!
イケメン桃太郎ポスター

















あ~あ~・・・・・・やっちまった・・・・・・

イケメン桃太郎 その3

tana神との死闘の後、苦を共にした仲間とも別れ、3年の月日が流れた・・・・・・。
tana神を倒した後、一年目は年賀状やメール等が届いてはいた。
しかし、二年目からメールが一通も来ないとは、どういうことだ?

・・・・・・そんなことを気にかけていても、しょうがない。
みんな、それぞれの道を歩んでいて忙しいのだろう。

26歳を過ぎてニートは、さすがに不味いだろうと思い、
「鳥貴族」でアルバイトをすることになった。


・・・・・・ッ!? 奴等だッ!! 何故ここに?

 「誰か忘れてるような気がするんだが」

 「気のせいだろwww軟骨の唐揚げまだかよ!!」


俺に内緒で飲み会してたのかよ・・・・・・
どうして、俺を誘ってくれないんだよ! 糞が!


イケメン太郎
 「・・・・・・お待たせ致しました。 軟 骨 の 唐 揚 げ で す」





日本鬼子
 「あっ! イケメン、久しぶりだな」

イケメン太郎
 「うん。・・・・・・何で敵だったコイツもいるの?」

tanasinn
 「よっす!」

モヒカン
 「一緒の病院で入院してたんだよ。そしたら気が合っちゃってwww」

イケメン太郎
 「そうか・・・・・・」

デラベッピン
 「イケメン太郎が鳥貴族で社員やってたとはな~」

イケメン太郎
 「・・・・・・いや、俺はアルバイト」

傘職人
 「えっ! マジで!? ぶふぅwww」

日本鬼子
 「アルバイトってwwwおまwww」

モヒカン
 「可哀想だろww笑うなよwwwぶふぅ」

イケメン太郎
 「ま、まあ、ゆっくりしていってくれよ」(糞が・・・・・・)

デラベッピン
 「キャベツおかわり!!」

ラッキーセブン
 「キャベツおかわり!!」





―イケメン宅―

イケメン太郎
 「はぁ・・・・・・携帯でVIPでもするかな」

139 イケメン太郎 ◆73IKeMEnSc sage 2008/09/20(土) 14:41:23.52 ID:aoUCAKMbO 
 おまえら、久しぶりだメーン

140 以下名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2008/09/20(土) 14:44:59.05 ID:trUJS78D0
 イケメン太郎が来たからROMるわ ノシ

141 以下名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2008/09/20(土) 14:44:59.05 ID:mjtJS61D0
 あれ? >139が見えない


イケメン太郎
 「・・・・・・」






イケメン太郎
 「ハァハァ・・・・・・みくるちゃん・・・・・・ウッ、イキそう」シュッシュシュッシュ

お婆さん
 「イケメンや、ちょっといいかい?」ガチャ

イケメン太郎
 「ノックしろっつっただろうが! 糞ハバァ!!」ガバッ

お婆さん
 「・・・・・・話があるから降りてきなさい。あと、床オナは良くないよ」バタン


イケメン太郎
 「・・・・・・チッ!」





―30分後―

イケメン太郎
 「ふぅ・・・・・・で、話って?」

お婆さん
 「アンタ・・・・・・今年でいくつになったんだい?」

イケメン太郎
 「えっ? 俺は24歳だk(ry」

お婆さん
 「鯖読むんじゃねぇよ、クソガキ! 年増の女優じゃねえんだぞッ!!」

イケメン太郎
 「・・・・・・26」

お婆さん
 「・・・・・・あんた、私が死んだら生きていけるのかい?
  食べていけるのかい?」

イケメン太郎
 「・・・・・・無理」

お婆さん
 「・・・・・・今日中に、この家出ていきな。アンタのためだ」

イケメン太郎
 「ちょっと待ってよォォォォォォォ。
  そんなの無理だよォォォォォッ!!
  大好きな婆ちゃんを放っていけるかよォォォォッ!!!」

パサッ

お婆さん
 「ここに100万ある・・・・・・。
  100万手に入れて家を出ていくか、家に残るか、好きな方を選びな」

イケメン太郎
 「じ  ゃ  あ  な」





1 イケメン太郎 ◆73IKeMEnSc sage 2008/09/21(日) 16:30:12.55 ID:SEX69btr1O
 俺よりIDエロいヤツいるの?
 いたら100万やるよwww

2 以下名無しにかわりましてVIPがお送りします。 sage 2008/09/21(日) 16:31:12.46 ID:skullfuck0
 てす



イケメン太郎
 「嘘・・・・・・だろ・・・・・・?」


イケメン太郎
「・・・・・・つ、釣りだよバ~カッ! さてと、ソープ行くか」





―歌舞伎町―

ヤクザ
 「お客さ~ん、困るんだよねぇ。
  ウチの若い娘に、本番とか強要されちゃうとさ~」

イケメン太郎
 「す、すいませんでした!
  でも、ほんの先っぽですよ? 入れちゃ(ry」

ドスッ(文字通り、ドスを机に突き刺した音)

ヤクザ
 「罰金100万、払って貰うからね」

イケメン太郎
 「・・・・・・はい」


―2ヶ月後―

イケメン太郎
 「あ~、腹へった~。残飯、残飯は、っと・・・・・・痛ッ!」ザクッ

イケメン太郎
 「何だ、これ! 矢か? 痛ェな、誰がこんなとこに捨てたんだよ。
  糞が・・・・・・」





イケメン太郎
 「ふわぁ~、早朝から空き缶集めは辛いぜ」

ドンッ

イケメン太郎
 「痛ぇな! 何しやがr・・・・・・傘職人、ラッキーセブン!?」

傘職人
 「よう、久しぶりだな。元気・・・・・・というわけでもなさそうだな」

イケメン太郎
 「何だよ、俺を笑い者にでもしに来たのか?」

ラッキーセブン
 「・・・・・・実は、頼み事があって来た。どうだ? そこの喫茶店にでも」

イケメン太郎
 「あ、ああ」






 「ご注文はお決まりでしょうか?」

傘職人
 「俺はホットコーヒーで」

ラッキーセブン
 「俺も」

イケメン太郎
 「俺ミックスジュース!!」

傘職人、ラッキーセブン
 「・・・・・・」

イケメン太郎
 「で、話というのは?」

傘職人
 「隣町で、鬼ヶ島の残党が暴れ出した」

イケメン太郎
 「な、何だと!?」

傘職人
 「tanasinn達を集めて勝負を挑んだが返り討ちにあった」

イケメン太郎
 「ざまぁwwww」

傘職人
 「・・・・・・おまえの力が必要なんだ、力を貸してくれ」

イケメン太郎
 「や~だよ」






傘職人
 「なっ!?」

イケメン太郎
 「自分の都合の悪い時だけ友達面かよ!
  親友だと思っていたヤツらに弄ばれるのは、もうたくさんだ。
  うわあああああああ」タッタッタ バタンッ

傘職人
 「イケメン・・・・・・」

ラッキーセブン
 「もう、俺達だけでやりましょう。アイツには無理だ」

傘職人
 「あ、ああ」



イケメン太郎
 「糞がァァァァァァッ!!」



続く

イケメン桃太郎 その2

―鬼ヶ島―
チュドーーーン!!

モヒカン
 「うがあああああああああ!!」ベキベキベキッ

デラベッピン
 「も、モヒカン!?」

tana神
 「はっはっは、無力無力ゥゥゥ!! 無駄無駄無駄無駄無駄」シュバッシュバッシュバッ

デラベッピン
 「がはッ!!」ドサッ

傘職人
 「うぐぅ・・・・・・」ドサッ

tana神
 「これで終わりか。まったく・・・・・・余興にもならなかったな。
  次は お ま え だッ!!」

日本鬼子
 「くっ・・・・・・、早く・・・殺せよ」





―鬼ヶ島上空―
ラッキーセブン
 「ここでいいのか?」

???
 「ああ、すまねぇ!!」

ラッキーセブン
 「では、グッドラック!」

ガタン

???
 (や、やべぇ、さっきの衝撃で少しウンコちびってしまったッ!?)

???
 「す、すまん、ラッキーセブン。旋回してくれ! パンツを履き替える」
ラッキーセブン
 「ら、ラジャー」




傘職人
 「ううっ・・・・・・日本鬼子・・・・・・」

日本鬼子
 「・・・・・・」

tana神
 「次は貴様だな。WRYYYYYYYッ!!」シュバッ

傘職人
 「くッ!!」


 『 ゴ ム ゴ ム の 家 族 計 画』

バイ~~~~~~ン

tana神
 「何ッ!? 俺の攻撃が弾かれただと!」

???
 「ふふふ、安全安全!」

傘職人
 「お、おまえは!?」

モヒカン
 「帰って来やがった・・・・・・」

デラベッピン
 「信じてたぜ・・・・・」

日本鬼子
 「来るのが遅ぇんだよ、バカ・・・・・・」




一同
 「イケメン桃太郎ッ!!」
        ____
       ,,;f::::::::ヽ
       i:/' ̄ ̄ ̄ヾil
       |:| \  /||
       |r-(●) (●)|
       (   (__)  } 待たせたな、みんな
 ,____/ヽ  ー   /
r'"ヽ   t、  ヽ___/
/ 、、i    ヽ__,,/    
ヽノ  j ,   j |ヽ  

イケメン桃太郎さん♪
イケメン桃太郎さん♪
おっ股につけたぁ、きびだんご~~~~♪

2つ~~私にくっださいな♪




イケメン桃太郎
 「おまえ達、こんなになるまで・・・・・・。
  おい、てめぇ!
  よくも、俺の仲間をやってくれたな」

tana神
 「はっはっは! 自分の心配をしたらどうだ!
  くらえッ! ど ど ん ぱッ!!」カッ

イケメン桃太郎
 「・・・・・・ッ!!」

チュドーーーン

傘職人
 「い、イケメン!!」

tana神
 「はっはっはっはっはっは。口程にもない・・・・・・・なっ!?」

イケメン桃太郎
 「・・・・・・ゴムゴムの風船」

ゲン
 「なんか、変な風船じゃのう」

隆太
 「ほんまやのう」

tana神
 「な、何ぃ!? 無傷だとッ!!」




tana神
 「し、信じられん・・・・・・。私の攻撃をくらって無傷とは」

イケメン桃太郎
 「打撃は一切効かん・・・・・・フヒヒ。
  斬 撃はどうなるかわからんが」

tana神
 「フンッ!」ザシュッ

イケメン桃太郎
 「ギャアアアアアアアアアアッ!!」ドサッ

デラベッピン
 「い、イケメン!」

tana神
 「あ~はっはっは」

モヒカン
 「ちくしょう・・・・・・ちくしょう!!」

日本鬼子
 「ザオリク! ザオリク!」




あ~・・・・・・俺、死んじまったのか

  ――このまま諦めるのか?――

うるせぇな。アンタには関係ないだろ? このまま眠らせてくれよ。

  ――おまえが諦めたら、仲間も死ぬぞ。それでもいいのか――

いいよいいよ。みんなで仲良く、天国で暮らそうぜ。

  ――・・・・・・パソコンのHDDの中身を婆さんに知られてもいいのか?――

そ、それはまずい!
パソコンの中には石恵のエロ画像がたくさん入っている!!

んっ? 待てよ・・・・・・。
パソコンのHDDの中身を知っているということは、
アンタは、もしや!?

  ――婆さんを・・・・・・・頼んだぞ・・・・・・・イケメンよ――

ちょっと、待ってくれよ! 俺アンタに何の恩返しも、してないんだぞ!!
そんな・・・・・・俺・・・・・・俺・・・・・・

  ――tana神 を 倒 せ――

・・・・・・ッ!?





モヒカン
 「くっ・・・・・・ここまでか」

傘職人
 「仲間と一緒に死ぬのも悪くないな」

デラベッピン
 「へへっ、違いねぇ」

tana神
 「コテ雑はそこまでだ。死  ね」


???
 「うがああああああああああああああああッ!!」


ドォォォォォォォォン

tana神
 「・・・・・・ッ!? 何だ、この覇気は!!
  まさか・・・・・・イケメン桃太郎か!?」

???
 「違う、俺は――」



       _____
       |∥∥∥∥∥
       |∥∥∥∥∥
       |∥∥∥∥∥
       |∥∥∥∥∥
       i / ̄ ̄\∥
       | |      ||
       |r-(◎) (◎)|
       (   (__)  } スーパーイケメン桃太郎?だ
 ,____/ヽ   ∈∋ /
r'"ヽ   t、  ヽ___/
/ 、、i    ヽ__,,/
ヽノ  j ,   j |ヽ






日本鬼子
 「ふふふ、俺のザオリクが効いたみたいだな」

モヒカン
 「ぐっ! 何て覇気だ・・・・・・このまま、気絶してしまいそうだぜ」


Sイケメン桃太郎?
 「俺は・・・・・・煽りもできやしないし、AAのクオリティも高くない。
  まともに仲間を守ることもできなかった。
  だが・・・・・・」

tana神
 「『だが・・・・・・』、何だ?」

Sイケメン桃太郎?
 「お ま え に 勝 て る」

tana神
 「ふふふ、面白い。・・・・・・では、最後の勝負だ。
  か~~~~め~~~~は~~~・・・・・・」




       _____
       |∥∥∥∥∥
       |∥∥∥∥∥
       |∥∥∥∥∥
       |∥∥∥∥∥
       i / ̄ ̄\∥   /
       | |      ||  / カッ
       |r-(○) (○)|    ―
       (   (__)  }   ― か め は め はァァァァッ!!
 ,____/ヽ   ∈∋ /    \
r'"ヽ   t、  ヽ___/
/ 、、i    ヽ__,,/
ヽノ  j ,   j |ヽ


tana神
 「ちょ、おま!! ギャアアアアアアアアアアアアアアアアア」


こうして鬼は退治された・・・・・・


―3年後―

デラベッピン
 「こいつ、本当に痛いヤツだったよなw
  自分のこと"神"とか名乗っちゃってさw」

tanasinn
 「おいおい、昔の話しは止めてくれよなw」

日本鬼子
 「すいませ~~ん。軟骨のカラアゲ2つくださ~~~い」

傘職人
 「しかし、あれから色々あったよな」

tanasinn
 「ああ、みんな就職できたし。今、最高に幸せだ」

モヒカン
 「んっ? 誰か忘れているような・・・・・・」

デラベッピン
 「気のせいだろ。お~~~~い! 軟骨のカラアゲまだかよッ!!」



Sイケメン太郎?
 「すいません、お待たせ致しました! 軟 骨 の カ ラ ア ゲ で す!!」

E N D


続編へ続く
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

イケメソ太郎

Author:イケメソ太郎
イケメン太郎◆IKEMEN/T9Mのブログへ
   よ う こ そ
よく来たなwwwww
何にもない所だがゆっくりしていけよwwww

俺とお前の仲じゃないか、なっ?

   こ  こ  ろ  の  友  よ

【プロフィール】
名前
  イケメン太郎(別名:V6の岡田)

年齢
  20代

誕生日
  7月30日

性別
  ちんちん

職業
  自宅警備員(冷蔵庫前勤務)

趣味
  埋没毛を指で引っ張り出すこと

住んでいるところ
  たこ焼き

血液型
  AB型

身長
  チン長を足して192cm
  (頭のチョンマゲが14cm)

好きな食べ物
  おまえと一緒に食べたかけソバ

最後に一言
  はぁ……みくるぅ……みくる……はっ!?
  おまえ、まだここに居たのか?
  早くブラウザを閉じろ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。